FC2ブログ
マイライフ
毎日が幸せだと思う僕の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲役10年

長野県諏訪市周辺の連続放火事件で、現住建造物等放火などの罪に問われた同市湖南、飲食店手伝い、平田恵里香被告(21)に対し、長野地裁松本支部は9日、懲役10年(求刑・懲役13年)を言い渡した。裁判長は「放火を楽しく感じエスカレートさせており、動機も短絡的で自己中心的。
 判決によると、平田被告は昨年5月11日未明、母校の市立諏訪西中学校体育館の渡り廊下に放火し、体育館を全焼、同4~5月に茅野市のアパートなど計9件の放火を行った。
 平田被告はタレントの熊田曜子さんに似ていることから「くまぇり」と名乗りアイドルを目指していた。放火した建物が燃える写真を自身のブログに掲載し、「また近くで火事があったよ」などと書き込んでいた。公判では起訴事実を認め、「いら立つ気持ちを晴らし、諏訪を有名にしたかった。だんだん大きいものに放火したくなった」などと述べていた。
   「まだ21歳で社会復帰後の人生のほうが長い。家族などを裏切らず、罪を償って下さい」。判決言い渡し後、峯裁判長が諭すと、平田被告は消え入りそうな声で「はい」と答えた。髪を後ろに束ね、薄紫のセーターに白いジャージー姿で、表情も変えずに判決を聞く平田被告。そこには放火を繰り返した“タレントの卵”の姿はなかった。
 「車で左折する時に物置が邪魔だった」。昨年4月、物置の壁を焼く放火が発端だった。翌5月には「いじめられ、悪い思い出があった」という母校の中学体育館に放火、同月下旬深夜にはアパートのプロパンガスに放火するまでにエスカレートした。被害額は1億1000万円にも及ぶ。平田被告は公判で「やるたびにやめようと思ったが、どうしても火を付けたくなった」と述べたそうだ。
 平田被告は地元の中学を卒業後、実家の居酒屋を手伝っていた。その傍ら、アイドルにあこがれ、芸能プロダクションなどに履歴書を送り、昨年7月の逮捕当日には、山梨県内で雑誌のグラビアの撮影をしていた、彼女の写真は見たことがありますが、ちょっとポッチャリしていたような。。。グラビア体系じゃないような。。。  「くまぇり」の名前で開設したホームページには、自ら放火した中学校などの写真を掲載し、「母校だからショックだよ~。全国ニュースになってたよ~」「また不審火の火事があったらしい!」などと書き込んでいた。
 今年1月には警察署の留置所内のトイレで首つり自殺をしようとしたが未遂に終わった。父親は「『どうしてやったのか分からない』と言っている。精神的に追い詰められており、生気がなく、ろう人形のようだった」と話している。自業自得じゃないかな?
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

はじままして ゆかりです

こちらの記事を紹介させて頂きました

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/kabukom1174/archives/53728593.html
です。
【2007/04/10 02:09】 URL | ゆかり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darkfirenagmino.blog91.fc2.com/tb.php/45-7670d0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。