FC2ブログ
マイライフ
毎日が幸せだと思う僕の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWWを作ったGEEKS(オタク)

ティモシー・ジョン・バーナーズ=リー ( 1955年6月8日 )は、イギリスの計算機科学者。ロンドン生まれ。World Wide Web(WWW)のハイパーテキストシステムを考案・開発した人物である。URL、HTTP、HTML の最初の設計は彼によるもの。 数学者コンウェイ・バーナーズ=リーとメアリー・リー・ウッズの子息として生まれる。彼らは黎明期の電子計算機の一つである Manchester Mark I の開発チームに参加していた。 1973年にロンドンのエマニュエル高等学校を卒業後、オックスフォード大学クイーンズ・カレッジに進学し物理学を専攻。在学時には自身最初のコンピュータをはんだごてと TTL ゲート、M6800 プロセッサ、中古のテレビ受像機を使って組み立てたこともあり、大学のコンピュータで友人とハッキングをして使用禁止にされたりもしたという。 1976年にオックスフォード大学クイーンズ・カレッジを卒業し、英プレッセイ電信電話会社に2年間勤務。分散トランザクションシステムやメッセージ転送、バーコード技術などを担当した。1978年に英 D・G・ナッシュ社に転職し、インテリジェントプリンタ用のソフトウェアやマルチタスク OS などを開発した。その後会社を辞めて個人でコンサルタントを営み、1980年6月にスイス・ジュネーヴの欧州原子核研究機構(CERN)にソフトウェア技術のコンサルタントとして6ヶ月間在籍した。バーナーズ=リーは数千人に上る研究者や参加者に効率よく情報を行き渡らせるためのシステム開発を命じられるが、折しもバーナーズ=リーは個人的開発作業の一環として、ランダムに他の文書と連結できる仕組みを持った ENQUIRE を開発していた。公表はされなかったものの、WWW概念基礎となるものであった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darkfirenagmino.blog91.fc2.com/tb.php/114-68c13b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。